2015年6月アーカイブ

昔、芸能人は歯が命なんてCMがありましたが、確かに歯はその人の印象まで変えてしまう重要な部分ですよね?

色素沈着で変色した歯を見ると、なんだか歯のメンテナンスをしていない人だと思われてしまいます。

歯はきちんと磨いたつもりでも、落とし切れていない汚れや成分が残ってしまい、黄色やくすんだ色に変色してしまい歯磨きだけでは色が落ちなくなってしまうんです。

原因は色々あって、煙草に含まれるニコチンや赤ワイン、紅茶やコーヒーなど何気なく口にしているものが歯の色を変えてしまうらしいねです!

確かに、煙草を吸う人の歯はニコチン独特の色が付着していて、歯を見ただけで喫煙する人だと分かるほどです。

歯は芸能人のように白くて輝いていたほうが清潔感があり笑顔も素敵ですよね?

そのために歯を白くする効果がある歯磨き粉が何種類か発売されていて、結構なお値段ですが誰もがいとどは使ったことがあるのではないでしょうか・・・

私も白い歯に憧れて数千円もする歯磨き粉を購入したのですが、効果は??

確かに普通の歯磨き粉よりは歯の表面がつるつるになる気がしますが、白くなるという宣伝方法には疑問が残るのです。

あまり効果がないと思うのですが、新製品が出ると今度こそ!と思ってトライする私。

しかし、どれも結果は同じで白くはならないと断言できます。

そして、最近ようやく歯磨き粉で芸能人のような白い歯にすることはできないと確信したのです!

理由は簡単で、人間の歯は最初から白ではないので、どんなに汚れや色素沈着が取れても白くなることはないということです。

それに気づいたのは、姪っ子の歯を見たときで、生えたての歯は白くて輝いていると勘違いしていた私にとって衝撃でした。

姪っ子が初めて生えた永久歯を自慢していたので、じっくり見てみると生えたてできれいなのですが、真っ白ではなく黄色がかっていたのです。

他の子供の歯を見ても、真っ白で輝いている歯の子なんて一人もいんなかったのです!ということは、人間の歯はそもそも白ではないのだから、歯磨き粉では白くはならないということです。

今まで高いお金を出して芸能人のような輝く真っ白な歯を夢見た自分が馬鹿でした・・・

それにしても、歯を白くすると過剰な広告を出している歯磨き粉はずるいですよね!白くなるではなく元に戻ると言うべきで、色を変える事なんて簡単にはできないのです。

みなさんも騙されないように気を付けてくださいね!

歯医者の定期検査で初めて自分にも親知らずがあると言われ、いずれ生えてくるから抜くことになると告げられました・・・

誰もが親知らずを抜くということを恐怖に感じると思いますが、高校時代の私にとって恐ろしい手術を受けなくてはならない事を告げられたような衝撃でした。

「親知らずが生えてくると本当に痛いよ~」「抜く時はメキメキ!って音がする」「腫れるよ~」なんて話を聞いていたので、親知らずが生えても虫歯になるまで絶対に抜かないと変な覚悟を決めていました。

大学時代には親知らずが4本生え始め若干傷みを感じてはいましたが、キレイに生えてきたせいか他の人が言うような痛くて我慢できないという感じはありませんでした。痛いというよりは違和感と言うかうずく程度です。

しかし、社会人になってから親知らずが虫歯になってしまい、歯科医からは治療するよりも痛む前に抜いたほうが楽だと言われたんです・・・でも悩みますよね?

抜かなくてはならないのは分かってはいるけど、現時点で全く痛みがないし、ぐらついてもない歯を抜くのは正直怖かったのです。

そんなわけで、放置してしまったのが間違いでした・・・

数か月後、仕事に行こうと鏡を見ると自分の顔がムーミンのように腫れあがっていたのです!しかも、痛すぎて口を開けることもできません。

仕事を急に休むこともできないので、とりあえず仕事には行きできることはしたのですが、あまりの痛みに鎮痛剤も全く効かず歯医者が開く時間を待って駆け込みました。

混雑していたのですが、私の顔を見て緊急を要すると受付の人が判断してくれ、すぐに親知らずを抜く治療を受けることができました。

その時は痛すぎて見た目など考える余裕がなかったのですが、きっと恐ろしい顔で死にそうに受付に行ったのでしょう・・・恥ずかしすぎる!

あんなに怖いと思い込んでいた抜歯ですが、意外なほど簡単に終わり麻酔のおかげで痛みも全くありませんでした。

私の場合、親知らずの虫歯がかなり進行していて歯の痛みではなく頭痛と肩こりとなって現れていたんです!親知らずを抜いた瞬間からそれらの症状が一気に消えて体が軽くなったのには本当に驚きました。

その後、残りの3本の親知らずも順番に抜いてすっきり爽快な体になりました。

親知らずの抜くのは痛いのでは?と悩んでいる人がいるかもしれませんが、私のように恐怖からひどい目に合うこともあるので、早めに抜くことをおすすめします。

大人になってみると、歯って本当に大切だって思うようになりました。

もしお金に余裕があったら歯のメンテナンスに使いたいと思う人は多いのではないでしょうか?

だって、歯ってその人の本当の姿を現すというか、どんなに着飾っていても頭が良くても歯が汚かったり歯並びが悪いと「え!」って思いますよね。

自分の歯にコンプレックスを持っている人は口元を隠して見られないように話をするし、

油断したときに見えるがちゃがちゃの歯並びや色素沈着は育ちの悪さを感じるはずです。

人間の心理って本当に不思議なもので、無意識に自分が気になる部分や弱い部分、

人に見られたくない部分を触るそうです!

それを知ってから友人や家族が話をする時にどこを触っているのか見たり、

テレビに出ている芸能人も同じような習性があるのか見てしまうようになりました。

すると、鼻が上を向いている人や団子鼻の人は自分でも気になるのか、

つねに鼻を触りながらトークをし、

出っ歯や歯並びが悪い人は口元を触っているのです!

これ、誰にでもあてはまることなので身近な人を観察してみてください。

意外な弱点が見つかるかもしれませんよ。

ということは自分も同じように無意識に話しながらどこか触っているのでは?

そう不安になって自分が映っているビデオを確認したところ、

やっぱりコンプレックスである口元を触っていたんです。

全く意識せず触っていたので、実際に確認すると驚きますね。

そうなんです!私は歯並びが悪くて恥ずかしいのです。

昔から悩んでいたのですが、矯正はお金がかかるし親も裕福ではなかったので子供のころにはできませんでした。

大人になったらやろうと思ってはいたのですが、実際の金額を見るとなかなか簡単にはいきません。

もし、今自由に使えるお金があったら迷わず歯の矯正をします!

一番いい方法で、確実にきれいな歯並びにして人前でも堂々と歯を見せられるようになりたいです。

最近思うのですが・・・歯並びがかなり悪い場合は、子供に限ってでも良いので保険適用するべきだと。

だって、歯並びが悪いとかみ合わせも悪く、滑舌や健康状態にも影響を及ぼす可能性があるはずです。

お金持ちの子だけが歯並びをきれいにでき、お金がない子は放置するしかないなんて、なんだか不公平です!

最低でも30万円はする治療を誰もが簡単に受けることができないですよね?

将来困らないように、医師の判断で保険適用が認められるようになると良いのですが・・・

 

このアーカイブについて

このページには、2015年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10