歯を白くする歯磨きって本当に効果はあるのでしょうか?私なりに言わせてもらいます!

昔、芸能人は歯が命なんてCMがありましたが、確かに歯はその人の印象まで変えてしまう重要な部分ですよね?

色素沈着で変色した歯を見ると、なんだか歯のメンテナンスをしていない人だと思われてしまいます。

歯はきちんと磨いたつもりでも、落とし切れていない汚れや成分が残ってしまい、黄色やくすんだ色に変色してしまい歯磨きだけでは色が落ちなくなってしまうんです。

原因は色々あって、煙草に含まれるニコチンや赤ワイン、紅茶やコーヒーなど何気なく口にしているものが歯の色を変えてしまうらしいねです!

確かに、煙草を吸う人の歯はニコチン独特の色が付着していて、歯を見ただけで喫煙する人だと分かるほどです。

歯は芸能人のように白くて輝いていたほうが清潔感があり笑顔も素敵ですよね?

そのために歯を白くする効果がある歯磨き粉が何種類か発売されていて、結構なお値段ですが誰もがいとどは使ったことがあるのではないでしょうか・・・

私も白い歯に憧れて数千円もする歯磨き粉を購入したのですが、効果は??

確かに普通の歯磨き粉よりは歯の表面がつるつるになる気がしますが、白くなるという宣伝方法には疑問が残るのです。

あまり効果がないと思うのですが、新製品が出ると今度こそ!と思ってトライする私。

しかし、どれも結果は同じで白くはならないと断言できます。

そして、最近ようやく歯磨き粉で芸能人のような白い歯にすることはできないと確信したのです!

理由は簡単で、人間の歯は最初から白ではないので、どんなに汚れや色素沈着が取れても白くなることはないということです。

それに気づいたのは、姪っ子の歯を見たときで、生えたての歯は白くて輝いていると勘違いしていた私にとって衝撃でした。

姪っ子が初めて生えた永久歯を自慢していたので、じっくり見てみると生えたてできれいなのですが、真っ白ではなく黄色がかっていたのです。

他の子供の歯を見ても、真っ白で輝いている歯の子なんて一人もいんなかったのです!ということは、人間の歯はそもそも白ではないのだから、歯磨き粉では白くはならないということです。

今まで高いお金を出して芸能人のような輝く真っ白な歯を夢見た自分が馬鹿でした・・・

それにしても、歯を白くすると過剰な広告を出している歯磨き粉はずるいですよね!白くなるではなく元に戻ると言うべきで、色を変える事なんて簡単にはできないのです。

みなさんも騙されないように気を付けてくださいね!

このブログ記事について

このページは、cosmeticが2015年6月 3日 11:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「あれは痛かった・・・親知らずを抜いたときの思い出」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10